ファクタリングは資金調達が可能なサービスです

subpage1

最近、会社経営者や個人事業主などから注目を集めている資金調達法がありますが、融資は異なる売掛金を専門業者に買取して貰うファクタリングと呼ばれている手法です。
ファクタリングのポイントは、まだ未回収になっている売掛金を売却して資金調達を行うなどからも融資審査を受ける必要がないこと、売掛先の信用力で審査が行われるため会社の経営状態に左右されないなどの特徴を持ちます。



ファクタリングには、自社とサービス提供企業との2社間取引と売掛先も関与する3社間取引の2タイプがあり、3社間取引は手数料が安い反面、売掛先に通達が必要です。



これに対し、2社間取引では売掛債が関与していないため、即日資金調達ができるなどからも、一日も早くまとまった現金が必要などの時に便利ではないでしょうか。

なお、ファクタリングを利用した時にメリットになるのか、このようなことを考える人も多いのではないでしょうか。


このサービスを利用する場合は、全額売掛金の代金が手に入るわけではありませんので、メリットになるのか否かを把握しておく必要があるわけです。例えば、法人税を初め、消費税や源泉所得税などの納税資金を確保しておきたい人、大口の資金需要が年間数回ある、一時的なタイミングでつなぎ資金が欲しい時などは、ファクタリングを利用しておけば改善できるメリットに繋がります。
銀行の融資を受ける時、残高証明書が必要ですが、残高証明証の発行が必要になった時に利用するのも良いといわれています。