資金繰りの改善が期待できるファクタリングとは?

subpage1

売掛金を多く持つ会社はファクタリングを使うことで資金繰りの改善にも繋がるといわれています。



業種の中には、材料の仕入れを行って製品づくりを行う、それを販売して利益を確保するなどのビジネスタイルを持つ所も多いかと思われますが、材料の仕入れをするためには運転資金が必要です。
販売方法が現金払いの場合、受け取った代金の一部を仕入れに回すことができますが、売掛金のように支払日が先になっている場合は運転資金の確保が直ぐにできませんので融資を受けなければならないケースもあるわけです。


運転資金は一定の金額を確保しておかなければなりませんが、運転資金は人件費や家賃などの固定費も含まれるため、資金繰りが悪化すると経営そのものを継続できなくなる可能性も出て来ます。


融資を断れてしまうと資金繰りの悪化にも繋がるわけですが、ファクタリングは融資とは違い、先延ばしになっている売掛金の権利を売り、その利益を確保する資金調達法です。


簡単にいうと、これから支払いが行われるお金を先に貰う、これがファクタリングの仕組みになるわけです。



売掛金の債権を現金に換えることで、キャッシュフローの改善に繋がる、ファクタリングサービスを提供している会社に対して手数料の支払いはあるものの、負債を抱えるわけではありませんので、財務面においても影響を与えません。



資金繰りの悪化はそのままにしておけば赤字決済に繋がる、最悪の場合は廃業なども出て来ますが、ファクタリングを上手に使えば資金繰りの改善効果を期待できます。