ファクタリングはメリットデメリットを検討して契約

subpage1

ファクタリングの特色は、赤字の決算や資金繰りが苦しくなっていても利用できることにあります。

既に発生している売掛債権を買い取ってもらうことで、資金の現金化を早めることが出来るのです。
ファクタリングは入金待ちの請求書に基づいて、将来入ってくる売掛金を買い取ってもらうと考えればいいです。

したがって、決済日より早く現金を受け取れます・買取金額は、手数料を引いた金額になるので将来受け取る金額より少なくなります。


融資ではありませんから、決算書に記載する必要がないので財務的にも利点があるのです。ファクタリングは買い取りですから、売掛先が倒産した場合回収するリスクがありません。



審査も銀行融資よりやさしいので信用情報が悪くても利用することはできるのです。
ファクタリング会社と2者間契約を結ぶと取引先との交渉が必要ありませんし、煩わしい事務手続きもありませんからスピーディな入金を確保できます。



注意すべきは、大手のファクタリング会社では、売掛先の取引先の承諾をとることが主体になるので2者間取引ができないことです。


2者間取引では、取引先への通知は必要ではありませんが、万が一利用していることが分かると信用問題に発展することもあります。
利用にあたってはメリット、デメリットを良く検討して契約をすることが重要になってくるのです。



従来は手形を受け取って銀行で割り引いて受け取ることがありましたが、最近は企業が手形を使う取引を減少させているのでこのシステムを活用する企業が増えています。